フラ・フラダンス

各界のみなさまよりコメント 到着!

各界のみなさまより『フラ・フラダンス』へコメントいただきました!


<コメント>※アイウエオ順

●石原仁美さん(映画『フラガール』企画プロデュース)
「映画『フラガール』公開から15年。その後、震災を乗り越えたフラガールたちがいまもここにいます。福島県いわき市の美しい風景の中で描かれるフラガールたちの純粋でひたむきに夢を追いかける姿は、きっと皆さんの心に光を灯してくれるはずです。是非劇場でご覧下さい」

●いしわたり淳治さん(作詞家・音楽プロデューサー・作家)
「上手くいかない日々だからこそ気づくことがあって、そうやって歯を食いしばりながら気づいたことは『しあわせ』を探すときの一番のヒントになっていたりするものです。彼女たちの姿は、絆とは何か、個性とは何か、仕事とは何か、生きる上で大切な色々なことを教えてくれるような気がします」

●ハライチ・岩井勇気さん(お笑い芸人)
「社会人として、フラのダンサーとしての成長していく5人の女の子たちの物語が、大それた話にならず、とても等身大に描かれていているので、本当にこの世界のどこかで起こっていることのように思えて、応援したくなった。南国にいるように、心をゆったりと温めてくれる作品。こりゃ、近々ハワイアンズ行くなぁ〜」

●柏原竜二さん(元陸上競技選手)
私の地元が劇場アニメの舞台になる日が来るとは夢にも思っていませんでした。作品を通し、努力をどうやったら成功へ変換できるのか?を不器用ながらまっすぐ進むヒロインたちで描かれています。観ているとき、思わず「ガンバレ」と声をかけたくなる。そんな作品です。ぜひ、劇場で彼女たちの雄志をご覧ください。

●京極尚彦さん(アニメーション監督)
「とっても素敵な5人が目標に向かって頑張る姿がキラキラしていて目が離せませんでした。苦しい時があっても、みんながいるから乗り越えられる。そんな正直すぎる気持ちをまっすぐ描いてくれたこの映画が大好きです。私も昔、震災にあった経験があります。手を取り合って助け合う気持ちがこれからもずっと繋がりますように」

●佐藤日向さん(声優・女優)
「山形生まれの私にとってスパリゾートハワイアンズは大好きな思い出が沢山詰まっている場所。そして小学生の頃一番情熱を注いだフラダンス。映像のなかに、ハワイアンズで見るフラダンスの温かい世界が広がっていました!一つ一つの振り付けが台詞のように大切な意味があり、歌詞の意味を丁寧に振り付けで紡ぐフラダンスの魅力が詰まっています。誰かに"Mahalo"と伝えたくなる作品です!」

●前島亜美さん(女優・声優・タレント)
「『フラ・フラダンス』上映おめでとうございます。夢を追いかけることの素晴らしさに触れて、とてもあたたかい気持ちになりました。煌びやかな世界の裏には沢山の努力があって、支えてくれる人たちがいると、泣いて笑って、生きていくなかで1番大切なことを思い出させてもらいました。いまこそ見ていただきたい、元気をもらえる作品です」

●吉野裕行さん(声優)
「アニメらしい部分も、現実的な部分も、アロハの言葉のようにあたたかくやさしく、沁み渡る作品でした。そして全く異なる部分では?私が普段アイドルを応援してるからでしょうか?水島精二氏の作品だからでしょうか!?もしやこの界隈にも推し誕生するんじゃ!?そんな期待が高まりました!」